生まれつきのソバカスに加えシミが

もともとソバカスが多くコンプレックスでしたが、加齢とともに大きなソバカス・・・いえシミが出てきました。
それまでは色白だったこともあり日焼けなど気にしたこともなく、当然日焼けどめも面倒でサボっていたんですが、いよいよと思いUVカットのできる化粧下地に切り替えました。でも出来てしまったシミは簡単には消えませんね。後悔先に立たずです。
4月から紫外線が強くなるので、厳重に下地を塗るのはもちろんですが、なるべくUVカットできる帽子もかぶるようにしています。聞いたところ、シミというのは何年も前にできたものが表面に出てくるということなので、逆に考えたら、何年かきちんとケアしていたら薄くなっていくのかなと。希望を捨てず、新たなシミができないように頑張ります。

 

お米のとぎ汁で洗ってみる

 

今は玄米ご飯を食べているので、できなくなりましたが、以前米のとぎ汁で洗顔していたことがあります。
私は子供が障害者だったため、子育てが面白くなくて、外に出られない時期がかなり長くありました。化粧もろくにしなかったので、気が付いたら顔がしみだらけになっていて、何とかしなければと母に相談しました。
母は若いころからポーラの化粧品を使っていて年齢の割にとてもきれいな肌をしています。そのセールスの人が「しみにはお米のとぎ汁洗顔がきくんですって」と教えてくれたそうで、当時私は専業主婦でお金もそんなになかったので試してみました。洗った後はしっとりしますし、使用感は悪くありませんでした。しみに良いというより顔全体がなんだか垢抜けた感じで、ちょっと色白にになったのです。お金がないときにお勧めの方法ですね。