美白コスメは肌に合うものを探すのが大変です

私は中学生の頃からそばかすがひどく、年齢が高くなるにつれそ子にシミや肝斑が加わって来て、ちょっとでも油断すると頬のところが悲惨な状態になってしまいます。
当然、紫外線対策も美白も一年中欠かせません。

 

美白コスメは長年、次から次へと出る新成分を片っ端から試してきました。
でも、医薬部外品に指定されている様な美白成分って合わないと乾燥したり肌荒れしたりするものも中にはあるのです。
私の場合、ビタミンCとコウジ酸は乾燥して使えませんでした。
ビタミンCは美白に限らず多くの化粧品に入っていますが、濃度が高いと今でも駄目です。
また、新しい成分よりも、昔からあるアルブチンなどの方が効果が実感できます。

 

このあたりの相性は本当に人によって様々で、例えば友人の一人は、私には合わなかったコウジ酸が一番効果が出ると言っていました。
とにかく美白成分は試してみて肌に合い、効果が感じられるものを自分で探し出すしかない、というのが、最近の実感です。
でも、毎年出る新成分、探し続けるのも楽なことではないのですが。

 

シミが出来るのを予防するためにしていること

 

昔、通っていた美容院の方から、日焼け止めなどのシミ対策を若いうちからしておかないと、将来シミが出来て悩むことになると言われました。そこで、なるべく紫外線に当たらないように帽子をかぶったり、日焼け止めを使うなどするようになりました。
それでも、夏には海に遊びに行ったり外へ出て遊ぶ機会が多かったので、どうしても紫外線に当たる時間が多くなっていました。でも、紫外線に当たるのが心配だからといって外に出て遊ばないというのも無理な話なので、あまり神経質になる必要はないと思います。
やはり、直射日光に長時間当たるとシミが出来るリスクが高くなると思うので、日差しが強いときは日陰に入るようにしたりして、シミ予防のために気をつけるようにしています。